地盤の液状化も判定可能なインテリジェント地震センサ

地震計
地震列島「日本」に住んでいる限り、自分の身は自分で守らなくてはなりません。

近いところでは、1995年には阪神淡路大震災、2004年には新潟県中越地震を、2007年には新潟県中越地震を経験しました。また、2011年の東日本大震災では地震の怖さと同時に、津波の怖さを嫌というほど思い知らされました。

現在は、緊急地震速報も流れるようになり、地震に対する構えは構築されてきています。
その、地震の規模を計測するのが、各地に設置されている地震計なのですが、
気象庁でもノイズの影響で誤報を出してしまうほど、実は、正確な計測は困難だとされています。

それはそうと、Googleのスマートフォンアプリでも「地震計」が在ることをご存じでしたか?
加速度センサーを利用した振動計で、スマートフォンの揺れを測定するという、一種の地震計なのだそうです。

アズビル株式会社のサイトでは、地震時の加速度波形から地盤の液状化をも判定可能な機能を備えた、インテリジェント地震センサ製品の詳しい紹介が掲載されています。

簡単な器械なら一般家庭でも使えそうですが、インテリジェント地震センサは、建設関係、土木関係などに向けられた製品で、専門家には、使い勝手のよい必需品といえそうです。

Categories: 家・住宅
8月
8